開発・保守に優しいプラグイン「デバッグモード限定設定 (YoDebugMode)」

2016.12.21

baserCMSで制作されたサイトの修正や編集をするとき、既に公開されているサイトだと、デバッグ情報が出るのは避けたい・・・><
だけど特定のネットワーク環境や管理者だけ「デバッグモードでみたい!」という時はありませんか?

そんな時に、IPアドレスやログインアカウントを元にbaserCMSのデバッグモードを閲覧者別に切り替えることが出来る、「デバッグモード限定設定 (YoDebugMode)」プラグインをご紹介します!

デバッグモード限定設定 (YoDebugMode)|baserマーケット

デバッグモードについて

主に、プログラムやシステムの修正を行う時や、改修作業にプログラムのエラー文を表示させる「デバッグモード」を利用する事が多いと思われるのですが、他にもデザインの修正を行う時に、キャッシュされない様に「デバッグモード」を利用する事も。

baserCMSはページ機能を中心に表示速度を向上する為、サーバー上にもキャッシュを保存する「サーバーキャッシュ」の仕組みを利用しています。
キャッシュについて|baserCMS

※作業が終わったら、忘れないように「ノーマルモード」に戻しておきましょう!

使い方

使い方はとっても簡単!いつも通りプラグインを有効化したら、もう管理画面で設定する事ができるようになります。

img01.jpg

【デバッグモード限定設定 -YoDebugMode-】の設定を開いて、有効状態にチェックを入れたら、「制作・開発モード」から、デバッグモードでサイトにアクセスできるユーザーを設定します。
ここでは、IPアドレスでの制限もかけられるので、ユーザーごとの設定もできれば、会社からのアクセスなどのグループ単位での設定も容易!楽ちんですね♪

img02.jpg

選択できるデバッグモードの項目について

「制作・開発モード」のプルダウンには、4つのモードが選択できます。

  • ノーマルモード   : キャッシュを利用したエラーを出力しない表示
  • デバッグモード1  : キャッシュを利用しないPHPエラーを出力した表示
  • デバッグモード2  : 利用テンプレート、発行SQLを出力した表示
  • デバッグモード3  : デバッグモード2と同様の表示

img03.jpg

詳しい事はbaserマーケットに詳細がありますので、ぜひご覧ください。
便利なプラグインですので、サイトの修正や編集をするときに使ってみてはいかがでしょうか!

ダウンロード

提供者:gondohさん
デバッグモード限定設定 (YoDebugMode)|baserマーケット

basersCMS本体のダウンロードはこちら

はまち

はまち  - 株式会社キャッチアップ / 広報アシスタント

キャッチアップで広報アシスタントしています。濱地です。
飲みごとが大好きですが、毎度しゃべりすぎて後で勝手に反省する様な飲み方しちゃってます。(*ノω・*)テヘ
自戒の念を込めて、好きな言葉はとある有名な方がおっしゃっていた「めんどくさい事ほど大切な事」という言葉です。
毎日を一生懸命生きるように心がけてます。
よろしくお願いします。